必見!とっても便利な決済代行サービスのススメ

>

決済代行会社の仕事

ネットショップ取引に無くてはならない存在

決済代行会社を一言で説明すると、「ネットショップ取引を円滑にする仲介役」です。

運営しているネットショップで取引が発生した際には、通常は各購入者から運営会社へ直接支払いがされる形となります。
そうするとメリットのページでも説明をさせて頂いた通り、様々な問題が発生します。
そこで決済代行会社は運営会社と購入者の間に入り、複数の購入者からの支払いを一度集約します。
その後、決済代行会社から運営会社へ集約された全ての支払いを行う事で、運営会社は決済を一本に絞る事ができます。
また、決済代行会社は購入者からの支払いを、クレジットカードでの支払いから口座振り込み、コンビニでの支払いなど様々な方法で受ける事が可能です。

つまり決済代行会社は、運営者にとっては決済の一本化、購入者にとっては支払い方法の多様化を行う事で、ネットショップ取引を円滑にしている重要な会社なのです。

今、決済代行会社に求められているモノ

決済代行会社は1社だけでなく、有名な所だけでも20社以上あります。
インターネットでの取引が普及している現代、数ある決済代行会社に求められているモノとは何でしょうか?
代表的な2つのポイントをご紹介します。

・利用できる決済方法の拡大
クレジットカードや電子マネーなど、購入者が行う決済方法は昔以上に多様化しています。
クレジットカードでの支払いのみの方もいれば、銀行での振り込みが中心の方もいる為、決済方法の選択肢が多ければ多い程、円滑な取引が可能となります。
よって、決済代行会社は顧客のニーズに答える為に、各金融機関との新規連携に力を入れています。

・情報セキュリティの強化
決済を専門に扱う会社だからこそ、顧客情報のセキュリティには責任を持って対応をしています。
強固なセキュリティを築き、連携先の情報を守る事が契約先との信頼となります。

以上の様に決済代行会社は私たちの見えない所で日々進化を続けているのです。